PR
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
マイクロニードルパッチはヒアルロン酸だけじゃなかった
0

    ヒアルロン酸だけじゃないマイクロニードルパッチ

     

     

    マイクロニードルパッチはヒアルロン酸以外の成分も

    使われているものがあるって知ってますか?

     

     

    MTGのピリオドやパナソニックのインテンシブシートのニードルには

    ヒアルロン酸だけが使われてますが値段が高いのがデメリット。

     

     

    ヒアルロン酸だけのマイクロニードルはヒアルロン酸注射とおなじで

    時間が経つとだんだんと吸収されるだけですね。

     

    せっかく角質層の奥まで届くニードル(針)だからお肌に良い

    成分をもっとたくさん入れてくれたらうれしいです。

     

     

    そんな願いを察してくれたメーカーがあります。

     

    k田の快適工房という健康食品や美容関連を扱っている

    北海道にあるメーカーです。

     

     

    北の快適工房のヒアロディ―プパッチとは

     

     

    皮膚の奥で溶けるマイクロンニードルを開発したコスメディ製薬の

    技術を借りて開発したのがヒアロディープパッチです。

     

     

    このヒアロディ―プパッチもマイクロニードルパッチですが

    ニードル部分にはエイジング世代の悩みにうれしい成分が

    たくさん凝縮されています。

     

     

    美容成分の数は10種類以上なんです。

     

     

    ヒアルロン酸Naをベースにコラーゲン、プラセンタなどのハリ成分に

    EGF、FGFなどの最先端成分、ビタミンC、ビタミンEなどが一緒に

    ニードルの成分になっています。

     

    どの成分も美肌に導いてくれる効果が期待できる物ばかり。

     

    特にEGFやFGFは成長因子なので、再生力が衰えたり老化した

    皮膚の細胞を若返らせる働きが備わっています。

     

    その成長因子がヒアルロン酸と一緒に角質層の奥に入るということ。

     

     

    だから一時的な効果でなく定期的に使っているとだんだんと

    若返ってくる可能性も期待できますね。

     

     

    ⇒ヒアロディ―プパッチのことをもっと調べてみる

    posted by: maicroneedle | ニードル(針)の美容成分 | 20:30 | - | - |
    ヒアロディープパッチのニードル(針)の美容成分
    0

      ヒアロディープパッチの美容成分

       

      ヒアロディ−プパッチはマイクロニードル式ヒアルロン酸シートの中で

      ダントツに美容成分がたくさんニードル部分に含まれてます。

       

       

      市販されているマイクロニードルパッチのほとんどがヒアルロン酸だけ

      という現実に対しヒアロディープパッチの成分は驚く多さ。

       

       

      どんな成分が針状になってるのか全成分を紹介しておきます。

       

       

      >>>ヒアロディープパッチ公式」サイトはこちら

       

       

      ニードル部分の全成分

       

      ヒアルロン酸Na、グリセリン、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス(ウマ由来)

      アデノシン、マンニトール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

      アスコルビン酸Na、トコフェロール、レチノール、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1

      ユビキノン、フェノキシエタノール、PEG-40水添ヒマシ油、レシチン、ダイズ油

      リン酸Na、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11

       

      以上の成分の中でわかりにくいものを説明しておきます。

       

      アスコルビン酸Naはビタミンc誘導体

       

      ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1はEGF

       

      ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11はFGF

       

      ユビキノンはコエンザイムQ10

       

       

      特にヒト遺伝子組換オリゴペプチドは成長因子ですから細胞の

      活性化することが期待できます。

       

      これだけ多くの有効成分がごく微細な針状に固められシートの上の

      数えきれないほどついてます。

       

      ヒアルロン酸だけだとしぼんだ皮膚も水分が加わり

      一時的にふっくらするでしょう。

       

      時間が経つとヒアルロン酸の水分は吸収されますから

      2〜3日すればもとの肌に戻ってしまいます。

       

       

      でもコラーゲンやプラセンタ、ビタミンC誘導体などの成分が

      ヒアルロン酸とともに肌の奥に入っていくと、保水力以外の

      違う効果が期待できるようになりますね。

       

       

      短期間使うより1週間に1回でも長期間継続することで

      自分の力でハリを生み出す可能性が高まります。

       

       

      >>>ヒアロディープパッチ公式」サイトはこちら

       

      ヒアロディープパッチ

      posted by: maicroneedle | ニードル(針)の美容成分 | 16:52 | - | - |
      3-0-エチルアスコルビン酸
      0
        3-0-エチルアスコルビン酸とは
        3-0-エチルアスコルビン酸はビタミンC誘導体の仲間ですVCエチルという呼び方もあります。
        医薬部外品の水溶性ビタミンC誘導体で皮膚の中でビタミンC以外の成分を分解しなくても、すぐにビタミンCとしての働きができるという即効性が期待できる誘導体です。
        しかも持続力が優れており、およそ72時間作用するといわれています。

        ビタミンC誘導体の種類はたくさんあるのですが純粋なビタミンCはどれくらい含まれてるかというと、それぞれ違いがあります。
        純粋なビタミンC(アスコルビン酸)を100%とすると浸透力が高いといわれるAPPS(パルチミン酸アスコルビルリン酸Na)が30%前後の含有量なのに対し、3-0-エチルアスコルビン酸は約90%と純粋なビタミンCにかなり近い値になります。
        今のところ純粋なビタミンCの次に濃度が高いようです。
        3-0-エチルアスコルビン酸にはシミや色素沈着の原因をしっかりブロックしてくれる働きがあります。
        たとえ紫外線を浴びたとしてもメラニンを阻害してくれるしUV−B波もUV−A波の働きも阻害してくれるという頼れるものです。
        副作用やアレルギーの報告も今のところないんので安心して使えるビタミンC誘導体です。

        この3-0-エチルアスコルビン酸を配合しているマイクロニードルパッチは
        posted by: maicroneedle | ニードル(針)の美容成分 | 00:50 | - | - |
        ヒアルロン酸Na|ニードル成分の効果と副作用
        0

          ヒアルロン酸Naとは

           

          ヒアルロン酸ナトリウムのことです。

           

           

          ヒアルロン酸とナトリウムを合わせたものです。

           

          ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分で色は無色透明で

          ぬるぬるしたゲル状のものです。

           

          目の中や関節などに多く存在しています。

           

           

          化粧品ではシワといえばヒアルロン酸、保湿といえばヒアルロン酸というように

          すごくメジャーなのでどのメーカーのスキンケアにも配合されてますね。

           

          ほんのわずかの量、1グラムで6リットルの水分を蓄えることができる

          というのは有名な話で美容に関心があればご存じでしょう。

           

           

          水に溶ける性質なのですが皮脂の油分にはじかれたり分子量が大きいので

          肌の表面を潤すだけになりがちです。

           

           

          生まれたときにたっぷりと存在していたヒアルロン酸も年齢が高くなると

          自然に生成量が衰え体のあちこちがしぼんできます。

           

          それとともに皮膚のシワなども目立ち始めることに。

           

          外から化粧品などで補いますがもともと高分子なので

          塗っただけでは奥まで浸透しないのが現実です。

           

          さらに水溶性ですから皮膚の表面の脂(皮脂)にはじかれ

          浸透が難しい成分でもあります。

           

          でもマイクロニードルで結晶化され針状になったヒアルロン酸なら

          角質層の一番深いところまでラクラク入っていき保湿力を発揮!

           

           

          結晶化されタヒアルロン酸も」皮膚の内部にある水分に反応し

          次第に溶けて内部でゲル状に変わります。

           

          コラーゲンやエラスチンなどの背に状の成分のスキマを

          ゲル状になったヒアルロン酸が埋めてくれるのでハリがアップ!

           

          一気に水分たっぷりの状態になることが期待できます。

           

          気になる副作用ですがもともと体内に存在してる成分なので

          安全性は高いものです。

           

          ナトリウムとは

           

          ナトリウムは食塩の中に含まれてる必須ミネラルのことで

          塩そのものではありません。

           

           

          水分を蓄えるはたらきもありますが細胞や神経を正常に維持する

          という大事な役割も持っています。

           

          ナトリウムも人の体液に多く含まれる成分ですし化粧品に配合される量なら

          副作用やトラブルの心配はほとんどないと言われます。

           

           

          ⇒ヒアルロン酸ナトリウム配合のマイクロニードルパッチはこちら

           

           

           

          posted by: maicroneedle | ニードル(針)の美容成分 | 17:16 | - | - |
          ヒト幹細胞培養液(HAS)|ニードル成分の効果と副作用
          0

            ヒト幹細胞培養液(HAS)とは

             

            ヒト幹細胞培養液は今一番のアンチエイジング成分として話題です。

             

             

            別名「アンチエイジングの最終兵器」「メスのいらない美容整形」

            と言われる最先端の美容成分として美容業界で大注目。

             

             

            すでに医療分野では幹細胞での再生医療がスタートしてるように

            ヒト幹細胞培養液も肌の細胞を再生する力が期待できるんです。

             

             

            幹細胞には植物由来のものもありますが人の細胞にはやはり

            ヒト由来の幹細胞がちゃんと対応してくれる気がします。

             

             

            ヒト幹細胞培養液を配合した化粧水や美容液、クリームが徐々に

            増えてきましたがマイクロニードルパッチにも配合されています。

             

            肌の表面にただ塗るだけのスキンケアよりも角質層まで成分が

            ダイレクトに届くマイクロニードルの方が結果が期待できそう。

             

             

            幹細胞は細胞の再生力を引き上げるはたらきがあるそうで

            ヒアルロン酸だけの針よりも持続的なハリアップが期待できます。

             

             

            ヒアルロン酸だけだと一時的にふっくらするだけで時間とともに

            だんだんともとの状態に戻ってしまいます。

             

            でも幹細胞が角質層の奥に吸収されればヒアルロン酸やコラーゲンを

            生み出す再生力がよみがえるでしょう。

             

             

            それがHASマイクロパッチ ヒアルロン酸シート。

             

             

            今のところヒト幹細胞培養液を含んだマイクロニードルパッチは

            HASマイクロパッチだけでしょう。

             

             

             

             

            美容大国、韓国で開発されたマイクロニードルパッチです。

             

             

            美容先進国と言われる韓国だけでなくアメリカではハリウッドセレブや

            芸能人の間でも人気のヒト幹細胞培養コスメ。

             

             

            塗るよりも直接奥まで届くマイクロニードルで体験してみませんか?

             

             

            >>>HASマイクロパッチの詳細はこちら

             

             

             

             

            posted by: maicroneedle | ニードル(針)の美容成分 | 12:37 | - | - |
            マンニトール|ニードル成分の効果を副作用
            0

              マンニトールとは

               

              マンニトールはモクセイ科の植物の汁を乾燥させたものや

              サトウキビやサトウ大根から精製されてつくられたショ糖を還元して

              つくられる植物由来の成分です。

               

               

               

              期待できる効果は保湿作用で乾燥によって肌荒れしないように

              保湿成分として化粧品に配合されることが多いです。

               

               

              油性成分となじみがよく他の成分を安定化させる働きがあります。

               

              化粧品に限らず甘味料として食品や、医薬品の錠剤に配合されるなど

              幅広く利用されています。

               

               

              医薬品にも配合されるので副作用などの心配がない安全な成分です。

               

              >>>マンニトールはヒアロディ―プパッチに含まれてます

               

              posted by: maicroneedle | ニードル(針)の美容成分 | 01:59 | - | - |
              アセチルヘキサペプチド-8|ニードル成分の効果と副作用
              0

                アセチルヘキサペプチド-8とは

                 

                アセチルヘキサペプチド-8は激安のヒアルロン酸シートパッチ「マイクロアイパッチ」のニードル成分です。 別名は塗るボトックスでアルジルリン、アルジレリンとも言われます。塗るボトックスといった方がなじみが深いかもしれませんね。

                 

                シワを改善したり保湿力を発揮します。 ボトックス注射を禁止されているスペインでシワに悩む女性のために開発した成分ですがボツリヌス菌とは全く違うものでアミノ酸を結合させたペプチドです。

                 

                表情ジワの原因になる神経伝達物質を抑制しシワを目立たなくしていくという働きがあります。 最近ではシワ取りクリームなどに配合されています。 マイクロ二―ドルに含むことで塗るよりも確実に角質層の深部に届くことになりシワにより働きかけてくれるでしょう。

                 

                気になる副作用は?

                 

                ボトックス注射のように無表情になったりたるみが出るなどの副作用はありません。 元々はアミノ酸で出来てるので基本的に毒性の心配はありませんが体調や季節の変わり目など肌が揺らぎやすいときには何らかの反応が出るかもしれません。 初めて使用する際には目立たないところでパッチテストをして確認しておくことをおすすめします。

                 

                今のところ副作用やアレルギーなどの情報はないので安心です。

                 

                 

                 

                ヒアロディープパッチ

                posted by: maicroneedle | ニードル(針)の美容成分 | 00:10 | - | - |
                ナイアシンアミドの効果と副作用
                0
                  ナイアシンアミドとは
                  ナイアシンアミドはクオニスから発売中の溶けるシート【メルティングマスク】
                  に配合されている成分です。
                  どんな効果があるのか、副作用についても気になるので調べてみました。
                  ナイアシンアミドはニコチン酸アミド
                  ナイアシンアミドには別名があります。それが時々、耳にすることがある
                  ニコチン酸アミドという水溶性の成分です。

                  栄養ドリンクなどに入ってますよね。
                  化粧品に入れる場合に期待できる主な働きはセラミドの代わりです。

                  ナイアシンアミドは肌の内部に存在しているセラミドによく似ている
                  もので保湿力が高いと言われます。

                  それではセラミドを配合したほうが早いのでは?と思いますが、
                  セラミドは溶けにくいので化粧品に入れるには高い技術が必要です。
                  その変わりをナイアシンアミドがしてくれるというわけです。
                  ナイアシンアミドに期待できる働き
                  ・セラミド生成サポート
                  ・保湿
                  ・メラニン抑制
                  ナイアシンアミドはセラミドの生成を手助けする働きを持っています。
                  血行を促進させる働きもありますしメラニン抑制もします。
                  メラニン抑制については厚生労働省に医薬部外品として認められています。
                  その他、年齢肌の悩みに対応する働きも期待できます。
                  クオニスのメルティングマスクは溶けるシート
                  メルティングマスクは美容成分100%でできた溶けてなくなる温感シート。
                  世界初の技術でできた透明なシートを入浴中に肌に貼ってマッサージすると
                  どんどん溶けてジェル状になっていくので不思議です。
                  溶けたシートは美容ジェルになって肌に浸透していくのではがす必要なし。
                  さらに熱を発生させる仕組みがあるのでだんだん顔が暖かくなり
                  血流アップにつながるでしょう。
                  まるで魔法のような初めての体感ができますよ。
                  スペシャルケアにピッタリのエステ級の温感シートです。
                  posted by: maicroneedle | ニードル(針)の美容成分 | 11:38 | - | - |
                  アデノシン |ニードル成分の効果と副作用
                  0

                    アデノシンの効果と副作用

                     

                    アデノシンはアロディープパッチのニードルに含まれています。

                     

                    アデノシンには皮膚の組織を修復したり再建する効果があります。

                     

                    他にもシワ改善ぼ効果がありますので化粧品に配合されます。

                     

                    実は育毛剤にもよく配合されているのを知っていますか?

                     

                    資生堂から発売 されている育毛剤に「薬用アデノゲンEX」が

                    ありますがアデノシンが配合されているんです。

                     

                    頭皮も顔の皮膚も同じですし1枚でつながってるので

                    アデノシンには皮膚そのものに良い影響があるということ。

                     

                     

                    アデノシンの効果と副作用

                     

                    そこでさらに詳しくアデノシンのことを調べてみると

                    FGF-7という成長因子を増やす働きがあることがわかりました。

                     

                    FGFは線維芽細胞という真皮層の細胞を活性化させる成長因子ですが

                    そのものを化粧品に配合するにはコストがかかってしまいます。

                     

                    そこでFGF-7を増やす働きがあるアデノシンを配合したんですね。

                     

                     

                    FGF-7などの成長因子はもともと誰でも生まれつき持ってますが

                    加齢で生成量が衰えてきますから増えることはありがたいですね。

                     

                    アデノシン自体に副作用はありません。

                     

                     

                     

                     

                     

                    posted by: maicroneedle | ニードル(針)の美容成分 | 02:25 | - | - |
                    トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル|ニードル成分の効果と副作用
                    0

                      トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルとは

                       

                      トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルって初耳です。

                       

                      とても難しそうな名前なのですが、美容効果があるのか

                      副作用があるのか調べてみました。

                       

                       

                      カプリル酸とカプリン酸を合わせた脂肪酸とグリセリンを

                      結合したオイルです。

                       

                       

                      最近、健康に良いと注目されている中鎖脂肪酸をもとに

                      合成されたエステルオイルです。

                       

                      中鎖脂肪酸と天然のココナッツオイルが有名ですが

                      トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルは安定性に

                      優れており天然ものに負けません。

                       

                       

                      粘りが少なくサラッとしたテクスチャーなので他の美容成分とも

                      なじみやすくいのが特徴で化粧品に配合しやすい性質です。

                       

                      化粧品にはエモリエント剤として配合されます。

                       

                      エモリエントは油分で肌から水分が蒸発して乾燥するのを 防ふぎながら

                      保湿し皮膚を柔らかくすることができます。

                       

                      安定性に優れているのでベビーピルにも配合されるくらい

                      安全で副作用の心配はないということなので安心しました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      posted by: maicroneedle | ニードル(針)の美容成分 | 22:06 | - | - |
                      アスコルビン酸Na|ニードル成分の効果と副作用
                      0

                        アスコルビン酸Naとは

                         

                        アスコルビン酸はビタミンCです。
                        アスコルビン酸NAはビタミンCにナトリウムを結合させたものですね。
                        パンやお茶などの食品の添加物にも使われていますが
                        ビタミンCとしての栄養を目的にしてるわけではありません。
                        基本的には食品の酸化を防止するためです。
                        ビタミンCが酸化防止剤として使われているとなんとなく安心ですが
                        本当のところは安全なのでしょうか?
                        ここではアスコルビン酸Naの効果や副作用について
                        調べてみたことを紹介しておきます。
                        アスコルビン酸Naの効果

                        ビタミンCにはたくさんの効能がある優秀な成分です。
                        ・抗酸化作用
                        ・コラーゲン生成のサポート
                        ・メラニン色素抑制
                        ・皮脂分泌のコントロール
                        アスコルビン酸Naにも上記の効果が期待できます;
                        特に重要なのが抗酸化作用です。
                        抗酸化作用というのは細胞を老化させる活性酸素を除去してくれます。
                        人間は息をするだけでも活性酸素が発生し老化するのですが、
                        これをもとに戻してくれるのが抗酸化と言います。
                        もともとビタミンC自体が酸化しやすい成分で
                        空気や水分に触れただけで酸化するほどデリケート。
                        だからかもしれませんがビタミンCは自分が一番先に身代わりになって
                        酸化することでその個体を酸化から守ってくれるようです。

                        アスコルビン酸Naの副作用
                        ビタミンCには基本的に副作用の心配はないですが
                        濃度が濃いと刺激を感じるかもしれません。
                        posted by: maicroneedle | ニードル(針)の美容成分 | 22:17 | - | - |
                        トコフェロール|ニードル部分の効果と副作用
                        0

                          トコフェロールはヒアロデイープパッチのニードル部分に

                          含まれている成分です

                           

                           

                          ヒアロディ―プパッチは他のマイクロニードルパッチに

                          くらべ美容成分がたくさん入ってるのが特徴です。

                           

                          マイクロニードルは直接皮膚に刺すスキンケアなので

                          成分がダイレクトに角質層の奥に届きます。

                           

                          良い成分だったら問題ないですが悪い成分だったら大変。

                           

                          トコフェノールの効果と副作用について調べました。

                           

                           

                          トコフェノールとは

                           

                           

                          トコフェノールは簡単にいうとビタミンEです。

                           

                           

                          ビタミンEはビタミンCと並んで抗酸化作用があるので

                          スキンケアに配合するには最適ですね。

                           

                           

                          ビタミンCが水溶性ならビタミンEは油溶性なので水には

                          溶けにくい反面オイルなどにはよく融合します。

                           

                          トコフェノールの効果

                           

                           

                          トコフェノール(ビタミンE)には肌荒れを改善予防する

                          働きがあると言われます。

                           

                          過酸化脂質という肌荒れの原因になる成分の発生を

                          抑制しますし皮膚の角化を促進してくれます。

                           

                          美容液やクリームにはオイル分が配合されていますが

                          それらの酸化も防いで新鮮さを維持してくれます。

                           

                          トコフェノールの抗酸化作用は老化のもとになる活性酸素を

                          除去してくれるのでビタミンCと同様アンチエイジングビタミン

                          としていろいろな化粧品に配合されますね。

                           

                          ほかにも毛細血管を拡張させ血流アップなどの働きも

                          備わってます。

                           

                           

                           

                          トコフェノールの副作用

                           

                           

                          トコフェノールは油分が含まれた食品の酸化を抑えるために

                          配合去れるほどなので毒性はなく安心できる成分です。

                           

                           

                          サプリメントなどの過剰摂取による副作用的なものは

                          ありますが化粧品に配合される場合は基準があるので

                          副作用の心配はありません。

                           

                           

                          >>>ヒアロディープパッチの詳細はこちら

                           

                           

                           

                           

                          posted by: maicroneedle | ニードル(針)の美容成分 | 17:08 | - | - |
                          レチノール|ニードル部分の効果と副作用
                          0

                            レチノールとは

                             

                             


                            ここではヒアロディープパッチのニードル(針)に含まれている
                            レチノールについて簡単に説明しています。

                            レチノ―ルを簡単にいうと「ビタミンA」の仲間です。
                            油溶性の成分で水には溶けにくいですが油分にはよく溶けます。
                            レチノールはお肌のためにどんな働きをしてくれるでしょうか?
                            一番期待できるのはシワへの働きです。

                            レチノールは肌の奥に存在する繊維が細胞に働きかけコラーゲンやヒアルロン酸、
                            エラスチンなどの生成をサポートに強力します。
                            コラーゲンやヒアルロン酸が加齢で減少していくのは知られていますが
                            繊維芽細胞の働きも年齢が高くなることで自然に低下します。

                            レチノールを線維芽細胞まで浸透させることで
                            低下してしまった活動をサポートしてくれます。
                            うまくサポートが成功すれば線維芽細胞も活力がアップしコラーゲン、ヒアルロン酸の
                            生産もアップする可能性が高まり失われたハリもよみがえるというわけです。
                            肌にハリがよみがえればシワの軽減も期待できる、ということ。
                            レチノールはシワだけでなくニキビやシミにも働くと言われます。
                            ピーリングのような働き
                            レチノールには肌にたまった角質を剥がすようなはたらきがあるので
                            毛穴詰まりや角質対策に使うことが可能です。
                            ニキビに働くといっても角質の積み重ねによるものなので
                            思春期ニキビには対応できまないでしょう。
                            加齢や紫外線でできてしまったシミも、ピーリングのような
                            働きで徐々にはがれていることが期待できますね。
                            レチノールの副作用

                            レチノールはたまった角質を落とすというピーリングのような
                            はたらきが期待できますが濃度の濃い物だと赤みや肌荒れなどの
                            トラブルが出ることがあります。
                            一般的に市販されている化粧品に配合されるてるレチノールは基準があるので
                            大きなトラブルなどの問題はないとは思いますが、肌には個人差があるので
                            デリケートな人は使用する前にパッチテストをやった方が安心でしょう。
                            資生堂が開発した純粋レチノールは副作用やトラブルのない物だと
                            いうことです注目されていますね。

                            でもこの純粋レチノールは資生堂独自で厚生労働省の承認も得てるため
                            他のメーカーの化粧品に配合することはできません。
                            一般の化粧品に配合されているレチノールは資生堂の
                            純粋レチノールではありません。
                            レチノールを配合しているマイクロニードルのヒアルロン酸シートは
                            北の快適工房のヒアロディ―プパッチだけでしょう。

                             

                             

                            posted by: maicroneedle | ニードル(針)の美容成分 | 15:09 | - | - |
                            レチノイン酸トコフェリル|ニードル成分の効果と副作用
                            0

                              レチノイン酸トコフェリルとは

                               

                               

                              レチノイン酸トコフェリルは桜白マイクロニードルの針に含まれています。

                               

                              あまりなじみがなく効いたこともない成分なので効果だけでなく副作用なども気になるものです。 さっそく調べてみました。

                               

                              実はレチノールと関わりがある成分で低刺激。 レチノールはビタミンAでレチノイン酸トコフェリルはビタミンA誘導体といわれるレチノイン酸にトコフェノール(ビタミンE誘導体)を合わせて合成したものです。

                               

                              トコフェノールと結合させることでレチノイン酸のデメリットである皮膚刺激を低下させ低刺激にさせたものなのでレチノイン酸では塗れなかった皮膚が薄い目元や口元にも使えます。

                               

                               

                              さらにレチノイン酸とトコフェノールの両方のメリットや働きを発揮することができます。

                               

                              期待できる効果は

                              ・ターンオーバーをうながす

                              ・コラーゲン生成サポート

                               

                              などで衰えた肌のハリがアップしシワやたるみ、毛穴ケア対策になるでしょう。

                               

                              さらにニキビにも効果的なので化粧品への配合がだんだんと増えている状況です。

                               

                               

                              レチノイン酸トコフェリルの副作用

                               

                              レチノイン酸よりも低刺激になってますが刺激などがゼロというわけではありません。 敏感肌や乾燥肌などでバリア機能が低下してると刺激を感じるかもしれません。 初めての使用の際にはパッチテストをすることが大切です。

                               

                              ⇒桜白マイクロニードルパッチの詳細はこちら

                              posted by: maicroneedle | ニードル(針)の美容成分 | 15:07 | - | - |
                              ユビキノン|ニードル成分の効果と副作用
                              0

                                ユビキノンの効果

                                 

                                 

                                ユビキノンはヒアロディープパッチのニードル部分に

                                含まれている成分の一つです。

                                 

                                いったいどんな効果が期待できるのでしょう?

                                 

                                ユビキノンはコエンザイムQ10のことでした。

                                 

                                そのため効果もコエンザイムQ10と同じですね。

                                 

                                10年くらい前だったでしょうか?若返りの成分として

                                大人気になったコエンザイムQ10のことを覚えてますか?

                                 

                                細胞内のミトコンドリアでエネルギーを作るときに

                                つかわれる物質がユビキノン(コエンザイムQ10)です。

                                 

                                 

                                ミトコンドリアとか難しいことはわかりませんが人の

                                生命活動をサポートしてくれるのですね。

                                 

                                 

                                肌に対してはターンオーバーのサポート、肌トラブルに対応。

                                 

                                特にしみ、シワなどの老化現象的な肌悩みに対応してくれます。

                                 

                                 

                                また抗酸化力もあるので老化にブレーキをかけてくれそう。

                                 

                                 

                                気になるのは副作用も心配。

                                 

                                 

                                もともとコエンザイムQ10は医療用の成分です。

                                 

                                心臓病の予防に使われていたことが始まりなので

                                副作用の報告は今のところありません。

                                 

                                さらに人間ならだれでも筋肉の中などにユビキノンは存在していますが

                                加齢で生産量はどんどん減少していきます。

                                 

                                減少することでいろんな弊害が出てくるのでサプリや化粧品で

                                補うことは理にかなっていますね。

                                 

                                ユビキノンもヒアロディ―プパッチのマイクロニードルで

                                角質層の奥まで確実に導かれます。

                                 

                                ユビキノンを配合してるマイクロニードルパッチはヒアロディ―プパッチだけ。

                                 

                                >>>ヒアロディープパッチの詳細はこちら

                                 

                                 

                                 

                                posted by: maicroneedle | ニードル(針)の美容成分 | 17:15 | - | - |
                                プラセンタエキス|ニードル部分の効果を副作用
                                0

                                  プラセンタエキスとは

                                   

                                   

                                  プラセンタエキスはエイジング化粧品に配合されることが多く

                                  なんとなく肌に良さそう、ってイメージがありませんか?

                                   

                                  プラセンタというと胎盤から抽出したもので

                                  いろいろなはたらきがあると言われてます。

                                   

                                   

                                  飲むプラセンタなどのサプリメントもあるので美容には

                                  なにかが効くのでしょうね。

                                   

                                   

                                   

                                  どんな効果があるのか気になったので

                                  プラセンタについてちょっと調べてみました。

                                   

                                   

                                  プラセンタに期待できる効果

                                   

                                  ・組織の修復

                                  ・抗アレルギー作用

                                  ・抗炎症作用

                                  ・細胞の活性化

                                  ・抗酸化作用

                                  ・免疫力アップ

                                  ・ターンオーバーのサポート

                                  ・NMF生成のサポート

                                  ・セラミド生成のサポート

                                   

                                  いろいろしらべてわかったのが上記のこと。

                                   

                                   

                                  美肌には良いことがありそうなことばかりですね。

                                   

                                  プラセンタにはヒト幹細胞培養エキスの働きに

                                  似たようなはたらきがあると評判です。

                                   

                                   

                                  こんなにたくさんの働きがあるプラセンタが肌に浸透してくれたら

                                  肌に変化がありそうで期待できますね。

                                   

                                   

                                  プラセンタが含まれているマイクロニードルパッチがあります。

                                   

                                  ニードル(針)の中に含まれてるからダイレクトに角質層まで

                                  プラセンタが届くことになって効果が高くなりそうですね。

                                   

                                   

                                  >>>プラセンタ配合のマイクロニードルパッチはこちら

                                   

                                   

                                  posted by: maicroneedle | ニードル(針)の美容成分 | 20:46 | - | - |
                                  ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1|ニードル成分の効果と副作用
                                  0

                                    ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1とは

                                     

                                     

                                    ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1という難しい名前ですが

                                    実はEGFという成長因子のことです。

                                     

                                     

                                    世間でなじんでいる呼び方と成分表記とでは違うことが多いです。

                                     

                                     

                                    EGFは成長因子の中で一番といってもいいほど有名。

                                     

                                     

                                    なんといってもすごいのはこのEGFを発見したスタンリー・コーエン博士は

                                    1986年にノーベル生理学・医学賞を受賞してること。

                                     

                                     

                                    医療の世界ではずっと前からやけどなどで傷ついた皮膚を

                                    早く修復させるための治療に使われていました。

                                     

                                     

                                    以前は1gで8000万円という高額で貴重な成分でしたので

                                    医療分野だけで使ってましたが研究が進んだため安くなり

                                    美容の世界でも利用されるようになりました。

                                     

                                     

                                    最近はEGFを配合した美容液やクリームを発売するメーカーも

                                    だんだんと増えてきて身近な成分になってきましたね。

                                     

                                     

                                    EGF(ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1)の働き

                                     

                                     

                                    EGFには皮膚の細胞を活性化するはたらきがあります。

                                     

                                    特に表皮や粘膜などの細胞に存在する上皮成長因子受容体と

                                    結合することで新しい細胞をつくったり増殖します。

                                     

                                    EGFはおなじ成長因子のFGFと一緒に配合されることで

                                    その細胞活性の働きがアップすると言われています。

                                     

                                     

                                    このように優れた働きがあるEGFがマイクロニードルの針に

                                    含まれているととてもお肌にいいような気がします。

                                     

                                     

                                    マイクロニードルの針の長さは0.2ミリなので確実に皮膚の

                                    角質層の奥に届きEGFを組織に浸透させることができます。

                                     

                                     

                                    美容液などで肌の上から塗るより浸透度は高くなるでしょう。

                                     

                                     

                                    ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1の副作用

                                     

                                    とても美肌効果が期待できる成分、ということがわかりましたが

                                    副作用などはどうでしょうか?

                                     

                                    いろいろとしらべたところ、副作用やトラブルの報告は今のところ

                                    ないとうことです。

                                     

                                    もともと火傷やケガの治療などで使われてましたので安心ですね。

                                     

                                     

                                     

                                     

                                    ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1を含んだマイクロニードルパッチは

                                    北の快適工房の【ヒアロディ―プパッチ】です。

                                     

                                     

                                    >>>ヒアロディ―プパッチの体験談はこちら

                                     

                                     

                                     

                                    posted by: maicroneedle | ニードル(針)の美容成分 | 10:43 | - | - |
                                    ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11|ニードル成分の効果と副作用
                                    0

                                      ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11とは

                                       

                                       

                                      ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11って何なのって思いませんか?

                                       

                                      実は最近になって成分表記が変わったものです。

                                       

                                      美容業界ではけっこう有名な成分で最先端のコスメに

                                      配合されることが多いですね。

                                       

                                       

                                      わかりやすい名前は「FGF」です。

                                       

                                       

                                      FGFというのは成長因子でグロースファクターともいいます。

                                       

                                       

                                      ヒアルロン酸やコラーゲンなど美容成分とは違い、

                                      細胞を元気にしてくれる働きがある画期的なもの。

                                       

                                       

                                      加齢で衰えてくる線維芽細胞が若いころのように活発に

                                      なるようにしてくれると言われています。

                                       

                                       

                                      線維芽細胞はコラーゲンやエラスチンなどを生成させる器官。

                                       

                                       

                                      肌の老化現象は線維芽細胞などの衰えが原因の一つ。

                                       

                                      細胞がコラーゲンやエラスチンを生み出す力が少なくなると

                                      たるみやシワ、シミなどの老化現象が目立ってきます。

                                       

                                       

                                       

                                      若々しいお肌は線維芽細胞の働きも活発です。

                                       

                                      FGFは線維芽細胞を増やす働きがある因子とかかわる受容体に

                                      結びつくと、この受容体が線維芽細胞が活発になれと命じます。

                                       

                                       

                                      生成量が少なくなった成分を補うよりも自分の細胞が

                                      新しく生み出しくれるということです。

                                       

                                       

                                      >>>ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11を配合しているマイクロニードルパッチ

                                       

                                      posted by: maicroneedle | ニードル(針)の美容成分 | 11:38 | - | - |
                                      レシチン|ニードル部分の効果と副作用
                                      0

                                        レシチンとは

                                         

                                         

                                        レシチンはヒアロディープパッチの二―ドル部分に入っている成分です。

                                         

                                        どんな効果があるのでしょうか?

                                         

                                        さらに副作用やトラブルがあるか気になりますね。

                                        さっそくチェックしてみましょう。

                                         

                                        レシチンは別名があってホスファチジルコリンとも言われます。

                                         

                                        もともとは卵黄から発見されたのでギリシャ語の卵黄=レシチンと

                                        名づけられたとのいわれがあります。

                                         

                                        レシチンは脂質に分類され人の生体内にも存在しています。

                                        特に脳や神経組織などにたくさん存在してるそうです。

                                         

                                        他の部位の細胞膜にも多く含まれてます。

                                         

                                        レシチンの効果と副作用

                                         

                                         

                                        レシチンはサプリメントなどにも配合されていますが

                                        化粧品に配合される場合は乳化剤の役割が期待できます。

                                         

                                        水と油どちらにもなじみやすいからです。

                                         

                                         

                                        他にもいろいろと期待できる働きがあります、

                                         

                                        それは成分を浸透させたり、血管を広げたり、水分を保持するはたらきです。

                                        まさに化粧品に配合するにはいろいろと役立てくれますね。

                                         

                                        気になる副作用についてですがサプリメントに配合され

                                        認知症対策や動脈効果対策に効果的と言われています。

                                         

                                         

                                        もともと人の体内に存在する成分ですし副作用やトラブルの報告は

                                        ありませんので安心です。

                                         

                                         

                                        >>>ヒアロディープパッチの詳細はこちら

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         

                                        posted by: maicroneedle | ニードル(針)の美容成分 | 19:41 | - | - |
                                        マカデミアナッツ油|ニードル部分の効果と副作用
                                        0
                                          マカデミアナッツ油とは
                                          ホワイトマイクロパッチのニードル部分に含まれている成分の一つです。
                                          オレイン酸とパルミトレイン酸などの脂肪酸が2割程度含まれているのが特徴です。
                                          オレイン酸やパルミトレイン酸は不飽和脂肪酸の仲間です。
                                          人の皮膚にも不飽和脂肪酸が存在しており特にパルミトレイン酸の存在率は
                                          1割以上という高さです。
                                          パルミトレイン酸は肌のスキンケアには欠かせない成分なので
                                          積極的に取り入れたいものですがマカデミアナッツ油以外の
                                          植物オイルには含まれていません。

                                          マカデミアナッツはもともと天然の植物の実なので安心して使えますから
                                          皮膚を若々しく保つために大事な働きをしてくれるでしょう。
                                          なぜかというとこれらの脂肪酸が減少すると皮膚のハリも低下していくからです。
                                          だから外から補うことが必要なんです。
                                          マカデミアナッツ油なら敏感肌やデリケートな肌でも安心して
                                          使うことができるなど安全性にも優れています。

                                          乳液やクリームなどの多くの化粧品やヘアケア製品に
                                          保護剤やオイル分として配合されてます。
                                          マカデミアナッツオイルの気になる副作用について

                                          もともと酸化されにくいオイルで食用にもされているオイルなので安全性は高いものです。

                                          それでもナッツアレルギーがある体質なら使用には慎重さが必要です。

                                          ナッツのなかでもアレルギーが起こる可能性は低いですが皮膚には
                                          個人差がありますし、その時の体調や季節的なものの影響を受けて
                                          変化するものです。
                                          気になるならパッチテストをしておきましょう。
                                          posted by: maicroneedle | ニードル(針)の美容成分 | 16:17 | - | - |
                                          ダイズ油|ニードル成分の効果と副作用
                                          0

                                            ダイズ油とは

                                             

                                            ダイズ油はヒアロディープパッチのニードル部分に含まれています。

                                             

                                            ダイズ油というくらいですから原料はあの大豆ですね。

                                             

                                            化粧品だけでなく食用でも使用されてるものです。

                                             

                                            化粧品に配合される理由ですが肌への刺激を緩和したり

                                            乾燥から皮膚を守ること。

                                             

                                            ダイズから抽出された油はサラサラで伸びがとてもいいのが特徴。

                                             

                                             

                                            特に肌にハリを与えてくれるコラーゲンのようなはたらきも

                                            期待できる、ということも言われています。

                                             

                                             

                                            ダイズ油の効果と副作用

                                             

                                             

                                            ダイズ油に期待できる効果ですがエモリエント作用、柔軟作用

                                            乾燥対策、保湿対策などです。

                                             

                                            気になる副作用ですが、もともと天然の植物由来ですし食用油として

                                            使われますので安全性は高いでしょう。

                                             

                                            これまで副作用やトラブルの報告はないです。

                                             

                                            逆に乾燥による肌荒れなどトラブルを起こしているお肌に

                                            使うとしっとりしたり潤いが加わるということです。

                                             

                                            乾燥しやすい冬の季節にはありがたい成分ですね。

                                             

                                             

                                            オイル分は化粧水や美容液などの美容成分を蒸発させないように

                                            肌に閉じ込める役割と外部の刺激から肌を守る働きもします。

                                             

                                             

                                            >>>ヒアロディ―プパッチの詳細はこちら

                                             

                                             

                                            posted by: maicroneedle | ニードル(針)の美容成分 | 10:45 | - | - |
                                            PEG-40水添ヒマシ油|ニードル成分の効果と副作用
                                            0

                                              PEG-40水添ヒマシ油とは

                                               

                                              PEG-40水添ヒマシ油はヒアロディープパッチというマイクロニードルパッチの

                                              ニードル(針)部分に含まれてる成分の一つです。

                                               

                                               

                                              お肌に良いものでしょうか?

                                               

                                              それとも毒性のあるものでしょうか?

                                               

                                              マイクロニードルは皮膚に直接刺す物なので成分の

                                              善し悪しはとても気なりますね。

                                               

                                               

                                              さっそく効果や副作用などを調べてみました。

                                               

                                              PEG-40水添ヒマシ油の効果

                                               

                                               

                                              原料になっているのはトウゴマという植物の種子(ヒマシ)です。

                                               

                                              この種子から抽出されるのがよく耳にする「ヒマシ油」なんですね。

                                               

                                               

                                              このヒマシ油に水素添加すると酸化しにくくなります。

                                               

                                              界面活性剤的な役割もあります。

                                               

                                              この水素添加を水添と書きます、

                                               

                                              水になじみやすいものは40とか50の数字が大きくなり

                                              数が小さくなると油になじみやすくなります。

                                               

                                               

                                              PEG-40水添ヒマシ油はどちらかというと油になじみやすいでしょう。

                                               

                                              PEG-40水添ヒマシ油が化粧品に使われる役割は美容成分を

                                              化粧水や美容液になじみやすくする乳化剤としてです。

                                               

                                               

                                               

                                               

                                              PEG-水添ヒマシ油類の副作用

                                              低刺激なので基本的に安全性が高い成分で、ずっと以前から

                                              化粧品などに使われているのですが副作用やトラブルの

                                              報告などはありません。

                                               

                                               

                                              PEG-60水添ヒマシ油は化粧品だけでなく目薬に配合されるほどなので

                                              安全性は高いことが確認できますね。

                                               

                                               

                                               

                                               

                                               

                                               

                                              posted by: maicroneedle | ニードル(針)の美容成分 | 12:43 | - | - |
                                              リン酸Na|ニードル部分の効果と副作用
                                              0
                                                リン酸Naとは
                                                リン酸Naはヒアロディープパッチのニードル部分に
                                                配合されている成分です。
                                                どんな効能や働きがあるのでしょうか?
                                                ヒアロディ―プパッチは直接、皮膚に貼るマイクロニードルパッチなので
                                                成分の善し悪しはとても気になりますね。
                                                特に副作用はちょ〜気になります。
                                                さっそく調べてみました。
                                                リン酸Naはいろんな食品にも添加されている比較的メジャーな添加物です。
                                                もともとはポリリン酸ナトリウムとメタリン酸ナトリウムの2種類があります、

                                                添加されているのはかまぼこ、ハム、炭酸飲料、チーズなどが多いですね。
                                                配合目的は保水力や粘着性のアップ。
                                                化粧品に配合される場合はさらに乳化剤的なはたらきや
                                                ペーハー調整の働きも期待できるでしょう。

                                                他の働きはビタミンCが分解されるのを抑制したりします。

                                                気になる副作用ですが様々な毒性試験が行われた結果、
                                                すでに安全性が確認済みです。
                                                posted by: maicroneedle | ニードル(針)の美容成分 | 16:18 | - | - |
                                                フェノキシエタノール|ニードル部分の効果と副作用
                                                0

                                                  フェノキシエタノールとはアルコール?

                                                   

                                                   

                                                  フェノキシエタノールは「エチレングリコールモノフェニルエーテル」という

                                                  呼び方もあります。

                                                   

                                                   

                                                  通常のアルコールやエタノールとは違い刺激はかなり弱いです。

                                                   

                                                  化粧品の防腐剤としてパラベンの代わりに配合されます。

                                                  パラベンフリーになった場合、製品の安定化を高めるために

                                                  何らかの防腐剤的な役割をしてくれる成分が必要です。

                                                   

                                                   

                                                  フェノキシエタノールの効能

                                                   

                                                   

                                                  いろいろな菌に対しての殺菌能力はパラベンの方が強いですが

                                                  肌への負担や毒性のことを考えてパラベンフリーが増えてます。

                                                   

                                                  その代わりにフェノキシエタノールが配合されてることが多いでしょう。

                                                   


                                                  無添加と宣伝している化粧品にもフェノキシエタノールが入ってるのは

                                                  必要だからです。

                                                   

                                                  特にコラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸などの有効成分が

                                                  たくさん配合されればされるほど有害な菌も繁殖しやすいということ。

                                                   

                                                   

                                                  コラーゲンやアミノ酸はタンパク質なので微生物や菌にとっては大好物。

                                                   

                                                   

                                                  それを抑えてくれるのがほんの微量入ってるフェノキシエタノールです。

                                                   

                                                   

                                                  フェノキシエタノールはアルコールのようなアルコールでない存在。

                                                   

                                                  お茶の玉露にはフェノキシエタノールが含まれてるそうですよ。

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                  「フェノキシエタノール」は旧表示指定成分ではありませんが

                                                  大量に使えば毒性や副作用の心配が出てきます。

                                                   

                                                  しかし化粧品に配合する場合の濃度は決まっていて1パーセント未満に

                                                  規制されておりこの濃度であれば安全だと認められています。

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                  posted by: maicroneedle | ニードル(針)の美容成分 | 20:55 | - | - |
                                                  コレステロール|ニードル部分の効果と副作用
                                                  0

                                                    コレステロールは桜白ブライトニングマイクロニードルの針の成分です。 コレステロールというと血中コレステロールが高い、低いなど成人病に関わるもの、というイメージナノですが化粧品に入ってるのはなぜ?

                                                     

                                                    最近は桜白ブライトニングマイクロパッチ以外にも美容液やファンデーションなどの化粧品の成分表記で見かけることが増えてきました。 どんな目的で配合されてるのか、なんらかの効果が期待できるのか副作用はないのか?ということをチェックしてみました。

                                                     

                                                    コレステロールの効果

                                                     

                                                    コレステロールは油用性の成分で表皮にある細胞間脂質にももともと存在しています。 表皮では水分を蓄えるなどセラミドのような保湿作用をします。 コレステロールを化粧品に配合する目的は上のような保湿作用の他、肌なじみを良くする、肌を柔軟にする、製品安定化などのために利用されることが多いようです。

                                                     

                                                    セラミドに似た働きをするので肌のバリア機能を高め、外からの刺激から皮膚を守りながら内側の水分を外へ逃がさないなどの働きが期待できます。乾燥対策には最適ですね。

                                                     

                                                     

                                                    コレステロールの副作用

                                                     

                                                    肌に直接付けるものですし、コレステロールは動脈硬化を引き起こすという悪いイメージもありますから副作用が気になります。 肌から吸収されて動脈硬化になったら…と思うかもしれませんが、浸透しても表皮の細胞間脂質に留まり血管内に入ることはありません。

                                                     

                                                    アレルギーや副作用の心配はかなり少ないことがわかりました。 それでも肌には個人差があるものですし、その時の体調によって変化することもあります。季節の変わり目の影響を受けて不安定になることもあるでしょう。

                                                     

                                                    デリケートで敏感な肌質の場合や気になる場合はあらかじめ目立たない部分でパッチテストをして肌にあるか確認をしておきましょう。

                                                    posted by: maicroneedle | ニードル(針)の美容成分 | 13:30 | - | - |